情報商材の販売で挫折しないためのコツ

情報商材の販売を行っていて、「もう挫折しそう…」という方もいるとおもいます。
今回は、そんな方に向けて、情報商材の販売で挫折しないためのコツを解説していきたいとおもいます。

では、1つ目のコツは、「過去の自分と比較する」です。
皆さんは、情報商材の販売でトップの人や、結果を出している人と比較して、「自分はダメだ」とおもってはいませんか?

ですが、考えるべきなのは、「過去の自分との比較」です。
皆さんは、情報商材の販売を始めた当初よりも、成長ができているでしょうか?
できているのであれば、それは一つ肯定することが大切です。
今この瞬間の状況だけを見て、「もう挫折しそう」とかおもってはいけません。

2つ目のコツは、「顧客に目を向ける」というものです。
皆さんは、おそらく何らかの情報発信をしているとおもうのですが、フォロワーさんとか、皆さんの事を慕ってくれるような方はいるでしょうか?
もしいるのであれば、その人から見た皆さんについて、考えてみましょう。

何らかの得意分野があって情報発信をされているとおもいます。
そして、皆さんを見てくれているその人にとって、皆さんは「尊敬の対象」なんです。
自分自身が自分をどう思っているかは知りませんが、その人は、皆さんのことを尊敬し、皆さんのようになりたいから、皆さんの情報に耳を傾けているのです。

挫折しそうな時。落ち込んでいる時はマイナスなことにしか目が行かなくなります。
ですが、プラスな方にも目を向けなければいけません。

3つ目のコツは、「悩まないほどに努力する」というコツです。
皆さんは、情報商材の販売の過程において、様々な努力と工夫とをされてきたとおもいます。
ですが、その努力よりも遥かに多くの努力をして、「もう悩む暇すらない」というくらいに、仕事に没頭してみてください。
そうすると、意外とネガティブな感情が出てこなくなり、挫折しにくくなります。

もちろん、あまりに過剰に働きすぎるのはダメですが、悩んでくよくよしているくらいなのであれば、一生懸命頑張った方が良いとおもいます。

4つ目のコツは、「改善する」というコツです。
皆さんは、おそらく何かしらで上手くいかないことや、嫌なことがあって、それで挫折しそうになっているのだとおもいます。
嫌なことがあった時、人には2つの選択肢があります。
「向き合うか」「目をそらすか」です。

皆さんは、その嫌なことと向き合っているでしょうか?
目をそらして挫折するよりも、辛くても、向き合って改善したほうが良い方向に進むでしょう。